ありがちな失敗とは?

みなさんは今FXを始めてどのくらいたっていますか?

もう何年もトレードしている方や最近始めた方など様々だと思います。

何年もトレードしている方だとかなりいろんな経験もされているのではないでしょうか?

そしてその中には思い出したくもない失敗やいまだに記憶に残る失敗というものも経験されていることと思います。

そのような失敗を体験して、「もう二度と同じ失敗はしない!」というように、失敗を糧にして成長出来る人もいれば、ダメだとはわかりながらも再び同じような失敗を繰り返してしまう人もいます。

また、これからFXを始めようといている人はまだ何も経験していない真っ白な状態です。

誰も失敗しようと思って始める人はいませんが、これまで膨大な数のトレーダーの方が失敗を経験しているのも事実です。

ここでいまからお話しする失敗というのは1つのトレードが負けたとかいう事では無くて、トレード生活において致命傷となりかねない失敗の事を指しています。

同じような経験を持つ方は改めて危険な失敗という事を認識していただいて、まだ経験のない方はここでいう失敗を経験しないように心がけていただければと思います。

よく失敗は自分で経験して初めてその恐ろしさがわかるといったりもしますが、人の経験などを聞いてわかるのであれば味わう必要はないですし、もしかしたらその1回の失敗で相場から退場しなくてはならない・・・といった事態を招くこともあります。

なので、これを読まれたかたは、"今日からここにあるような失敗はしない!"と強い意識をもってトレードしてもらえたらなと思います。

6-1.png

それでは順番にありがちな失敗を見て行きましょう。

塩漬け

この"塩漬け"というのは自分の持ったポジションがマイナスになった時に、ロスカット(損失確定)せずに、ずっと持ち続けるという行為の事です。

これはありがちな失敗の中でもトップクラスに多く危険な行為です。

なぜこのような事が起きるのでしょうか?

人は誰でも自分の資金が減る事は嫌な事です。ロスカットするということは"損失を確定させる=自分の負けを認め、資産の減少を受け入れる"事になります。

(ロスカットについての記事は9番のロスカットと資金管理で詳しくお話ししています)

この、負けを受け入れるという事が出来ずに、「いつか戻るはずだ!」という気持ちからそのポジションを保有し続けてしまいます。

そして、逆行すればするほどだんだん「戻ってきて!」という願望に変わり益々損失は大きくなり、もはや現実逃避に近い形で損失から目を逸らしてしまいます。

もちろん、相場の動きによっては数日で戻ってくるかもしれないですし、頑張って保有して数週間かけて戻ってくることもあります。しかし、数か月、数年戻ってこない可能性もあります。

もしも、資金が十分にあって、そのポジションを放置してもまだまだトレードするのに困らないという方ならばいいのかもしれませんが、その資金が拘束されることによってトレード出来なくなるという人にとっては一大事です。

下手をすればその一回のトレードで資金のほとんどを失う事にもなりかねません。

さらに、保有し続けている事によって、これから訪れていたであろうチャンスを全て逃す事による"機会損失"、そしてそれによって積めていたであろう経験が出来ない事による"経験損失"を生みだしてしまいます。

負けを受け入れる事は確かに難しいことですが、"受け入れるべき負け"というものがトレードにはあります。

その"受け入れるべき負け"というものをしっかり出来るトレードをする必要があります。

そして、そのようなトレードを実行するためにGT5は"基準"という考えを根底に置いてトレードをしています。4番の正しい知識を正しい順序で!!でもお話ししましたが、GT5の手法や考えをしっかりと理解していただけるとこのような失敗もしなくなると思います。

それではさらに見て行きましょう。

このページのトップへ

逆張りナンピン

まず"ナンピン"という行為ですが、これは自分が初めに持ったポジションがマイナスになっている時に、さらに追加ポジションをとる事をいいます。

例えば100.000円で1枚ロングポジションを持ったけど、99.000円でさらに追加で1枚ロングエントリーをしたとします。この時に初めのポジションはまだ決済していません。

そうなるとポジションのトータルとして、合計2枚持っていて、その平均取得レートは99.500円ということになります。

ではこのナンピンという行為は間違った事なのでしょうか?

答えはNOです。この行為はよく行われる事ですし、決してダメな行為ではありません。

使う場所によってはとても効果的な威力を発揮する事もあります。

では何が失敗なんでしょうか??

それは"理由もなくむやみやたらに相場に逆らってナンピンする事"です。

どういう事かといいますと、例えば今現在の相場の勢いが下落している時に、なんの根拠もなく相場の反転を期待してロングポジションを持ったとします。そして半ば当然のごとくそのポジションはマイナスになります。

そして、悔しさのあまり「ここで反転するだろう、次はここ・・・」というようにナンピンを繰り返し、気付けば合計枚数も膨れ上がり、損失も大きくなっていて目も当てられない状態になっている・・・という悲惨な事態に陥ります。

これを繰り返せばそれまでコツコツ利益を積み上げてきても一瞬にしてすべてを失う事も難しくありません。

これも多くのトレーダーが繰り返しがちな失敗の一つです。

このページのトップへ

飛び乗り

これは相場の急な動きに対して焦ってエントリーしてしまう行為です。FXで勝つためには"安く買って高く売る"または"高く売って安く買う"を繰り返していくことが重要となってきます。

そしてこの安く買う、高く売るためにはいいレートをとる事がトレーダーにとって有利に働いてきます。いいレートとは例えば相場が上昇傾向である場合、少しでも下がってきたところ、つまりやすいレートで買いたいところです。

なぜかというとそうすることによってロスカットなどでの損失も抑える事が出来ますし、それが上昇していったなら利益も大きくなるからです。

しかし、この飛び乗りという行為は"高く買ってさらに高く売る"または"安く売ってさらに安く売る"ということになります。

相場の勢いが凄くてその飛び乗りが成功すればよいのですが、そうではなくいわゆる騙しの動きや、抜けた後に一度戻ってきた場合なども多々あります。

そのような時に高く買ったり、安く売っていると損失幅が大きくなって耐えられなくなってしまいます。これを繰り返せば必然的に損失を積み重ねる事になります。

もちろん飛び乗りの全てがダメだとはいいません。ナンピンと同じように使える場面もあることは事実です。

しかし、使いどころを間違えると悪癖として染み付いてしまうので要注意です。

このページのトップへ

思い込み

日々の生活の中でも思い込みで行動してしまう事はあると思いますが、相場でこの思い込みは危険な要素を含んでいるので要注意です。

私達は"事実に基づいてトレードする"という事を重要視していますが、この理由は相場が動く前に思い込みでトレードをして負けてしまうといつまでも執着してしまう恐れがあるからです。

たとえば相場がどちらにいこうか迷っているような状態の時に、「こっちへ抜けるだろう!」と思いこんでどちらかにエントリーをします。

もちろんいつかはどちらかに動くので自分のとったポジションが正解だという事もあります。しかし、仮に逆に動いてしまった場合悔しさがこみ上げてきます。それも冷静に物事が見れないくらいにカッとなってしまいます。

そして、相場はすでに自分の予想とは逆方向の展開を見せているのに、それに気付かずにリベンジのつもりでエントリーし続けて、気付いた時には連敗に連敗を重ねて身も心もボロボロになっています。

後で冷静に見るとなんて事はないのですが、一つの思い込みでこのような事態を招く可能性があります。

相場を深く分析できるようになり、技術が向上していて、経験もありメンタルもしっかりとプロ意識を持っているような時は、このような場面でもあらかじめエントリーしておくという事はあります。

しかし、そのような人は逆に言った場合もしっかりと対応出来る技術と力があります。

まだ、自信がなくて勝ちきれない人やこれから相場を始めるような人は、"事実が出てからでも決して遅くはない"という事を頭に入れてもらいたいと思います。

このページのトップへ

絶対主義

私達の当サイトやブログ、レポート、動画メルマガなどで勉強を進めてもらうと、相場に対して様々な知識や技術が身についていくと思います。

そして、パフォーマンスもだんだんと向上していく事になります。しかし、この成長の途中で陥るのがこの絶対主義という失敗です。

どのような失敗かというと、何もかも全て100%を求めてしまうということです。

大前提として"相場に絶対はない"という事をしっかりと理解して受け入れなければなりません。これがわかっていないとせっかく積み上げてきたものが脆くも崩れ去ってしまう可能性があります。

塩漬けでも書きましたが"受け入れるべき負け"が存在する以上、100%全エントリーを勝ち続けるというのは不可能な事です。

これを曖昧に理解していたり、軽視していると、いつか一つの負けから「自分は間違っているのではないか?」という考えが浮かび、次第に「自分のやっている事が間違っているのではないか?」という大元の部分を否定しだすようになります。

これを繰り返していくと次々といろんなサイトなどを転々としてしまって、気付いたら何年もFXをしているのに何一つ成長していないというような事がおこります。

私達は相場に対する考え方や手法などに関して、他の追随を許さないくらい惜しみなく提供している自負があります。

是非GT5の全てを吸収してもらいたいと思います。

このページのトップへ


HOME »  ありがちな失敗とは?