なぜ相場は動くのか?

FXで欠かせないのがチャート

多くのトレーダーはチャートをみながら様々な事を判断して実際のトレードに結び付けて行きます。

チャートを見てみると似たような動きは多くありますが、全く同じ動きは二つとありません。

そして、そのチャートを形成している棒状のものはロウソク足と呼ばれ、陽線・陰線の2種類に分かれます。

さらに、周りの動きに比べてより大きなものは大陽線・大陰線と呼ぶ事もあります。

では、なぜ相場においてこの陽線・陰線が発生しているのでしょうか?

このページのトップへ

売り手と買い手

相場には現在のレート(値)で買いたい人と売りたい人が存在します。「このレートで買いたい!」と思う人が多ければレートは上昇しますし、逆に、「このレートで売りたい!」と思う人が多ければ下落していきます。

上昇した時にチャート上に描かれるのが陽線、下落した時に描かれるのが陰線になります。

candle.png

FXを始めたばかりでまだ何もわからないという方でない限り当たり前だと思います。

しかし、ここからの話は当たり前の事でも重要な考え方になってくるのでしっかりと確認していただきたいと思います。

先ほどの話から、陽線が現れるときは"買い手が多く存在する"、陰線が現れる時は"売り手が多く存在する"といえます。

これが一方的な展開、つまりどちらかの方向に勢いがついているような状況では陽線・陽線・陽線・・・というように同じロウソク足が多く出現します。

また、相場がどちらにいこうか迷っているような状況では陽線・陰線・陰線・陽線・・・というように2種類のロウソク足が入り乱れているかもしれません。

そしてさらにその陽線と陰線の大きさ(長さ)によって強さが判断出来ます。買いが多く入るほど、売りが多く入るほどどちらかの方向に大きく動くことになります。

つまり、ロウソク足の動き方によって相場の現在の状況、"買い手が強いのか?売り手が強いのか"を判断することが出来ます。

さらに相場を知り、チャートを分析出来るようになってくると、「どこで買い手や売り手が仕掛けてきたのか?(相場を動かそうとしてきたのか?)」

このような場所を判断出来るようになってきます。

そして、このどこで仕掛けたのか?を判断する事が非常に重要になってきます。私達はよくこのような場所を"売り手と買い手の攻防の決着した場所"というような表現をする事があります。

例えば先ほどの大陽線や大陰線に関しても、「決着をつけるような動きだったのか?」「決着がついた後の動きなのか?」といった判断も出来るようになってきます。

06.png

前者の場合は売り手と買い手の攻防があり、どちらかが押し切って出るロウソク足、後者はすでにどちらか一方に流れが傾いていて出るロウソク足と同じ大陽線や大陰線でも持つ意味が変わってきています。

そして、この攻防の場所や流れを判断する事がGT5の考えや手法の根幹にあるといえます。

とはいってもいきなりFXを始めたばかりで完璧に判断できるようになるものではないので、まずは相場には売り手と買い手が存在して、その両者が戦う場所や決着がついた場所、どちらか一方に流れが出ている場所、相場自体がどちらに行こうか迷っている場所があるんだなという事を頭に入れて置いていただければと思います。

このページのトップへ


HOME »  なぜ相場は動くのか?